マッチングアプリのレビューや紹介

applov

ペアーズ

ペアーズに登録するなら事前準備は怠らず

更新日:

マッチングアプリは数多あれど、これほど圧倒的なユーザー数を抱えるものは他にない。

株式会社エウレカが運営するペアーズは、2012年にリリースされて以降そのユーザー数を順調に伸ばし、現在では800万人以上もの総会員数を誇る一大恋活サービスである。

しかし、ユーザー数が多いだけで実際に出会いがないのでは何の意味もない。その点ペアーズはどの程度有用なのだろうか。

そこで、これから数回に分けてそのペアーズの『登録方法』、『料金』、『評判』について様々な角度から検証、紹介を行い、その実用性を明らかにしたいと思う。

今回のお題は、『ペアーズの登録方法』だ。

登録の前に必要なもの

ペアーズへの登録を円滑に進めるために、実際に登録を始める前に以下のものを用意しておこう。

  • プロフィールに使う写真
  • 身分証明書

プロフィール写真

一般に男性の場合、ペアーズで使用するプロフィール写真は自撮り以外のものがいいとされる。これには諸説あるが、

  • 顔が近くて怖い
  • ナルシストっぽい
  • ぼっち

という印象を相手に与えてしまうからという意見が大多数を占め、実際にそういう理由から自撮り写真をプロフィールに設定している男性を避ける女性は多いというアンケート結果も出ている。

女性の場合も可能であれば自撮りは避けるべきではあるが、男性と比べてそれほど問題になることはない。

ではどういうものがプロフィール写真として適しているのか。大雑把にまとめると以下のような条件に該当する写真だ。

  • 第三者視点からの撮影
  • 上半身も写っているもの
  • 清潔感がある
  • 笑顔

できれば、写真全体の面積に対して自分の専有面積は50%~70%に抑えるのが望ましい。また、食事中など『これから写真を撮るぞ』と意気込んでいない自然な写真のほうが好感をもたれやすい。

それに加えて、髪がボサボサで無精ひげが生えているようなら整えるべきだ。仮にそれでも毎日風呂に入っているのだとしても、それは清潔なだけであって清潔感があるとはいえない。

服装も同様だ。ヨレヨレダボダボの服よりいっそビジネスカジュアルくらいのほうが印象はいい。肌寒い時期ならもういっそスーツというのもありだろう。

笑顔に関しては特にいうことはあるまい。仏頂面と笑顔でどちらが好印象か、自ずと答えは見えるだろう。

その他余裕があれば、ペアーズにサブ写真として登録するために『全身が写っている写真』なども用意するとよい。

身分証明書

ペアーズはインターネット異性紹介事業としてしっかりと届け出がされ、また受理もされている(受理番号:30130004015)。

これは出会い系、マッチングなど、インターネットを介してパートナーとの出会いを提供するサービスを運営する上で必須の届け出である。

これの上には『出会い系サイト規制法』が存在しており、この中に利用者の年齢確認を厳格化する条文が存在する。

では、年齢確認を厳格に行うには何が必要なのかというと、それは免許証や保険証に代表される身分証明書、あるいは本人確認書類だ。

ペアーズでは、年齢確認に際し公的証明書の提出が必要としている。ペアーズのヘルプによれば使用できる証明書は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

としており、その他学生証や社員証、障害者手帳でも年齢確認を受け付けている。それ以外のものについてはカスタマーサポートに確認が必要だ。

なお、

  • マイナンバー通知カード
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 仮免許証
  • 国外発行の証明書
  • 有効期限切れの証明書

では年齢確認はできないのでご注意あれ。つまり上記に上げた『住基カード』は、近い内に使えなくなるということだ。

また、有効な証明書であっても、画像が見切れていたりぼやけていたり、また一部が隠されていたりするものは審査の対象外となるので合わせてご注意いただきたい。

用意が終わったら

あくまでペアーズの登録を円滑に進めるために先んじて準備を整えるだけであって、上記のものを後回しにしても実際は全く問題ない。ただ、写真にせよ年齢確認にせよ早いに越したことはないので、ペアーズを使うと決めているのなら用意しておいて損はないだろう。

Facebookからの登録

前置きが長くなってしまったが、ペアーズの登録方法の説明に入ろう。なお、登録は無料で行うことができる。

まずはペアーズの公式サイトにアクセス、あるいはアプリ版ペアーズをスマホにインストールし起動する。すると以下のような画面が表示される(画像はペアーズ公式サイトをキャプチャしたものであり、アプリ版とは若干の差異がある)。

ペアーズ公式サイトTOP

ではまずはFacebookとの連携による登録から・・・といっても、Facebook側で連携を認証した時点で登録は完了となる上、基本事項はFacebookのデータを使用するため、登録の際に入力すべき項目は少なくなる。

Facebookにペアーズ利用は表示されるか

『連携したらFacebookのウォールにその情報が流れて、友達にペアーズ利用が知られてしまうのでは?』と疑問に思われる方が結構いらっしゃるようだが、そんなことは一切ない。

また、この点はペアーズのヘルプにも明記されているが、Facebookで友達登録しているユーザーがペアーズ上で表示されることもなく、また向こうからもこちらを見つけることはできない。

更に、ペアーズは定期的にFacebookの友達情報を収集し更新しているので、ペアーズ開始後に増えた友達にも見つかることはない(自動更新が不安なら手動で情報を更新することもできる)。

ただ、Facebookでつながっていない友達や友達の友達には見つかる可能性はある。もしペアーズ利用中にそういうユーザーを見つけたら、こちらが見つかる前にブロックしてしまおう。

注意事項

ペアーズは恋活・婚活を目的としたマッチングアプリなのだから、Facebookのステータスが『交際中』あるいは『既婚』の場合は登録することはできない。

また、先述のインターネット異性紹介事業の都合上高校在学中を含む18歳未満の方の登録も不可能だ。

電話番号による登録

Facebookアカウントを所有していない場合、必然的にSMS認証による登録を選択することになる。以前はペアーズはFacebook連携のみでの登録が可能であったが、2017年にSMS認証を導入し、結果それまでペアーズを始められなかったユーザーを呼び込むことに成功している。

この場合登録前にまず電話番号入力が求められるので、SMSの受信が可能な電話番号を入力しログインコードを入手しよう。

認証後は各種項目の入力が始まるが、Facebook連携時と違い全ての項目に手動で入力しなければならないのでその点はお気をつけを。また、通信環境などでSMSの受信が遅れることもあるので、『受信できるように設定しているし電話番号は間違っていないのに届かない』と思ったら少し待ってみよう。

おまけ:プロフィール設定

さて、Facebook連携、SMS認証、ともに登録時にプロフィールを設定したと思うが、当然項目は全て埋めるべきだ。だが、ことと次第によっては埋めたプロフィールが足を引っ張ってマッチングできないという事態に陥ることもある。

代表的なものは『タバコ』だろう。非喫煙者なら『吸わない』でまったくもって問題ないのだが、喫煙者はそうした場合ただの嘘になってしまう。

残念ながら、タバコを吸っている時点ですでに恋活・婚活において不利な立場に立っている。『吸わない』という選択肢以外は結局の所妥協でありいずれの場合も吸っているという事実に変わりはない。

妥協の選択肢として『非喫煙者の前では吸わない』や『相手が嫌ならやめる』といったものが用意されているのでそちらに設定して減煙を始めるか、いっそ本当に禁煙してしまおう。

その他にも気をつけるべき項目がいくつかある。

出会うまでの希望

選択肢の中に『マッチング後にまずは会いたい』というものがあるが、ペアーズでは悪手だろう。もし本当にそれが希望であるなら、ペアーズよりもDineなどデートすることに特化したデーティングアプリを選ぶべきだ。

絶対に選ぶべきではないというほどのものではないが、極力『気が合えば会いたい』などを選ぶのが無難かと思われる。

初回デート費用

まず、女性ならば『男性が全て払う』や『男性が多めに払う』に設定するのは控えたほうがいい。マッチングする前から男性側に支払わせる気満々では、「たかりか? メシモクか?」と勘ぐられてしまうし、そもそも印象が悪い。

無難なのは『相手と相談して決める』だが、『割り勘』もありだろう。

もう1つ選択肢として『持っている方が払う』というものもあるが、『デート当日に財布を持っていかず相手に支払わせる』という悪質な手段を取ることが可能となってしまうためおすすめしない。

男性の場合は『男性が全て払う』か『男性が多めに払う』が無難だろう。結局、デート代は男性が持つものと考えている人間は男女問わずまだまだ少なくないため、そうしておいたほうが面倒がない。

学歴・学校名

さて、問題はこの学歴だ。

学歴が全てではないとはいえ、それでも大卒か高卒か、はたまた中卒かで人生が大きく変わりかねないのが現代日本である。

基本的には正直に書いたほうがいいが、大学中退あるいは高校中退の場合で高卒あるいは中卒としたくない場合は『その他』を選ぶしかない。正直、そうするくらいなら高卒や中卒を選んだほうがまだ潔いとは思う。

逆に、旧帝大などの有名大学を卒業しているのなら学校名までしっかりと書くべきだ。なんだかんだで、それはそれで1つのステータスなのだから。

・・・ただし。高学歴者を探しているユーザーは、必ずしも学歴がいいからといって頭がいいとは限らないという点には留意しておくべきだろう。頭がいいことと勉強ができるということは、似て非なるものなのだから。

自己紹介文

他の設定項目も勿論重要だが、ペアーズで恋活をするなら自己紹介文が最重要項目であることは間違いない。

この自己紹介文には、絶対にやってはいけないパターンがある。それは、

  • 内容がネガティブ
  • 短文

他にも色々とあるにはあるが、ひとまずこの3つが避けるべき自己紹介文だ。またこれは、自己紹介文のみならずメッセージのやり取りでもやるべきではないことである。

「出会いがなくて」くらいは別に問題はないだろうが、これまでの悲惨な恋愛遍歴や自分の短所をアピールされても挨拶に困るし、かといって「よろしくおねがいします」だけの自己紹介文では何の興味も惹かれない。

自己紹介文は『挨拶→見てくれたお礼→自分がどういう人間か(休日、趣味のことなど)→どういう出会いがほしいか→お礼』といった具合に、ですます調で丁寧な文章を書くことを心がけよう。

まとめ

ペアーズの登録方法、そしてプロフィール設定で気をつけるべき点についてお伝えした。おまけの項目はやや駆け足気味ではあるものの、こちらの伝えたいことが伝わってくれれば幸いである。

次回は、ペアーズを利用する上で生じる無料会員と有料会員の差、有料会員になったときにかかる費用をご紹介する。

-ペアーズ

Copyright© applov , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.